投資マンションを購入する|資産運用を考える

オペレーター

低金利に強い

物件

マンション経営は初期投資を回収したら、維持管理費はかかりますが、月々の収入が不労所得となるために多くの人が資産運用の方法として活用しています。多くの資産を保有していても、それをうまく活用できなければその資産はだんだんと減ってきます。日本には農是の義務があり、税金を徴収することで国の運営をしています。そのため、資産を持つと、きちんと管理をしなければ資産税として国に少しずつ徴収されていきます。自分の資産は自分で守らなければならないのです。マンション経営は、日銀が政策金利をマイナスにするほどの低金利時代において、リスクの少ない資産運用ができるとして人気があります。ローンでマンションを購入した場合、低金利でローンを組むことができるというメリットがあります。また、低金利によるインフレが、債務全体の金額を目減りさせてくれる期待もできます。低金利によるインフレは資産価格の上昇も生みやすくするので、マンション経営はメリットは現代において多くのメリットを有していると考えることができるでしょう。

現在、銀行は低金利のために預金を預けてもその利息は微々たるものです。ペイオフ制度により、預金額も1000万円までしか保証してもらえません。会社を勤め終えたときに支給される退職金などを守るためには分散投資もひとつの方法として頭に入れる必要があります。マンション経営は、そうした分散方法としても考えることができます。また、マンション経営は、相続税対策としても効果を発揮します。